ようこそ! / Benvenuti!

Poste Italiane è un AMORE, Traduttrice, insegnante di lingua giapponese, Blogger e Youtuber.
イタリアの郵便局(ポステ・イタリアーネ)を心から愛しています。翻訳者、日本語教師、ブロガー、YouTuber。
I love Poste Italiane (Italian Post Offices). Translator, teacher of Japanese language, Blogger and YouTuber.

I miei libri / 出版した本 / My books
スポンサーリンク / sponsorizzazione

私が「ラクイラ」という街を知ったとき、移住を決めた。―No.9

スポンサーリンク / sponsorizzazione
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク / sponsorizzazione

おそらく「ラクイラ地震」をきっかけに知られた街、ラクイラ。私はどうして、この街を知ることになったのか。

そして、あるサイトをきっかけにラクイラに一目惚れし、移住を決意。

いったいどうして私はラクイラを知ることになり、移住を決めたのか?この記事ではラクイラとの出会いを書いています!

やはり私もきっかけは「地震」だった

何を隠そう、自称イタリア偏愛者の私でも、地震があるまでラクイラのことを知りませんでした。

ただ、その地震はラクイラ地震ではありません。2016年のイタリア中部地震です。ラクイラ地震の当時は持病により入院中でした。

当時のニュースを聞くと、東日本大震災の記憶が蘇りました。灯りのない不安な夜、断水が続いた日々、そして何よりも、程度は違えど、「被災した」ということの苦しさや痛み…。

画面の向こうで見えた青い空を、私は忘れることができないと思います。

そして私は、「イタリア語を学ぼう!」と、その日決めました。青い空に誓いました。「必ずそこにいって、誰かを助けるから」と。

ですが、この時はラクイラのことは知りませんでした。後日インターネットで検索して、ラクイラという街を恐ろしい地震が襲ったことを知ったのです。

この時はただ「ラクイラ=地震の被災地」という認識しかなく、まさかある日に私がここに移住を決めようとは、思ってもいなかったのです。

移住を決めたあるウェブサイト

ある日、私はいつものようにインターネットを見ていました。震災に関する情報を調べていたのです。

そしてたまたま、あるウェブサイトにたどり着いたのです。本当に偶然でした。

イタリア語のこのサイトを見たことにより、以前インターネットで見たラクイラという街を、改めて知ることになったのです。それも「ラクイラ=震災の被災地」以外の側面、つまりラクイラの人々のことを。ちなみに、この記事を読んだころには基礎的なイタリア語は話せるようになっていました。

亡くなった誰かを、こんなにも想える人がいる。そして傷ついた街を復興させようとしている人がいる。癒えない心の傷を癒そうとしている人がいる。

私はそのことに、とても胸を打たれました。

震災の被災地や被災者が置かれている悲しいくらいの現実を、本当に痛感することになったのです。震災なんて私には関係のないこと、とは絶対に言えませんでした。

このサイトはラクイラ大学のもので、地震で学生寮が倒壊するなどして亡くなった方を悼むサイトです。のちに私の志望校となる(追記: 合格しました!)ラクイラ大学は、2009年の地震で大きな被害を受けました。キャンパスは壊滅的な被害を受け、カナダなどの支援を受けて再建しました。実際に図書館にはカナダという国名が使われています。また、日本もラクイラ大学の文学部の再建を支援したことで知られています。

このとき私は決めました。

「ここの大学で、心理学を勉強したい!」「傷ついた人々の役に立ちたい!」と。

このサイトを見たことで、私の運命の歯車は、動き出したのです。

イタリアには、「防災」の概念がないから

私はインターネットで、産経新聞(イタリアの地震に関して一番丁寧に取材している新聞社)のこの記事を読みました。

これをきっかけに、イタリアに移住しNPOを作るという目標ができました。それはまた次回。

コメント / Commentare

タイトルとURLをコピーしました