ようこそ! / Benvenuti!

Poste Italiane è un AMORE, Traduttrice, insegnante di lingua giapponese, Blogger e Youtuber.
イタリアの郵便局(ポステ・イタリアーネ)を心から愛しています。翻訳者、日本語教師、ブロガー、YouTuber。
I love Poste Italiane (Italian Post Offices). Translator, teacher of Japanese language, Blogger and YouTuber.

I miei libri / 出版した本 / My books
スポンサーリンク / sponsorizzazione

イタリア中部で、1ユーロ(100円)あれば何ができる?物価は日本より安い!

スポンサーリンク / sponsorizzazione
Uncategorized
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク / sponsorizzazione

こんにちは!イタリア中部の街・ラクイラ愛好家のほのかです。

もしあなたがラクイラのようなイタリア中部の街(ローマなどの観光地ではなく、田舎町とします)を訪れたら、1ユーロ(だいたい100円)で何ができるのか、書いていきます!

この記事ではラクイラについて書きますが、イタリアの田舎町はだいたいこんな感じだと思います。


まず、お腹が空いていたら何もできませんね。

ラクイラの中心部で、お腹を満たしましょう。

カプチーノまたはエスプレッソが頼めます。

その辺にあるバールで、だいたい1ユーロから1.2ユーロ程度で飲めます。

ものをお腹いっぱい食べるのには中心部では1ユーロじゃ足りないです。

ただ、イタリアのサンドイッチのようなもの・パニーニ(厳密にはパニーニは複数形なので1個頼むときはパニーノといいます)を頼んでみましょう。

これの1個が安いものだと1ユーロ、高いものだと2ユーロ程度です。

ただこれは日本のおにぎりのような感覚で食べるもの。これだけでは満腹にはなりません。

というわけで、郊外に向かいましょう。

郊外までは2キロくらいあるので、歩いていくのはきついですね。

このさいバス(ama L’Aquila)に乗りましょう。

これも片道1ユーロ程度です。

バスで10分程度。ラクイラ郊外のショッピングモールに来ました。

ここでは1ユーロでお腹いっぱい食べることができます。

フードコートでピッツァを頼んでみましょう。

このピッツァ、水のペットボトル(これは1ユーロでした)と比べてかなり大きいのがわかりますか?

友達と食べに行ったのですが、友達に「ほんまに1ユーロでええの?」と聞いたら笑われました。

さあ、お腹がいっぱいになりましたね?中心部に戻りましょう。

観光をしてみましょう。基本的にラクイラの観光にはお金がかかりません。

なぜなら観光地は噴水や教会などなので、入場料がかからないからです。

あなたはラクイラの観光地を一通り訪ねました。ちなみに教会のOFFERTEと書かれたところにお金を入れると、寄付したことになります。ここに1ユーロを入れることもできます。

土産物屋がありました。ここでは1ユーロで買えるものは少ないですが、La Lunaという土産物屋さんでは、A3の白黒コピーが5枚で1ユーロでした。また、絵葉書は1枚0.8ユーロです。

喉が渇きましたか?中心部にあるお店やバールなどで水を買うとすれば、それは500ml1本1ユーロ程度です。ただ、イタリアの水には炭酸入りのものもあるので、senza(センツァ、…なしで)と伝えてみましょう。

ちなみにスーパー(Conad)で水を買うと、6本は買えます。イタリアだけではないのですが、水道水が飲めない国は大概ミネラルウォーターがスーパーで売っています。それはだいたい6本で1ユーロくらいです。

水ばかりでは飽きる?それなら、ワインを頼んでみましょう。(※18歳以上なら観光客でもイタリアでワインが飲めます)

この右側のRossoと書いてあるのは赤ワイン。250mlのボトルが3個で、約1.5ユーロです。安い!

ワインが飲めない方は、左側の炭酸ジュースを。0.5ユーロです。


まとめとして、ラクイラなどの観光地でない街では、物価は安く、充実した観光ができます!

コメント / Commentare

タイトルとURLをコピーしました